国語力アップ!偏差値35からの中学受験・高校受験 『要約文でぐんぐん伸ばす!』


お問い合わせ電話番号  050-5809-5956 正午〜午後10時
       
HOMEに戻る  | 無料レポート「目からうろこの国語学習法」           
★ 文法ー主語のさがし方

《 主語のさがし方 》

 今日は主語述語の探し方を学んでください。


 主語述語というのは、文の一番大切なところですから、これがわからないということはその文の一番大切なことが
わからないということ、または一番大切な部分を誤読してしまうということになってしまいます。

 早いうちにしっかり理解し、マスターして下さいね。


 国語学習マニュアル『国語力がぐんぐん伸びる!』をお持ちでしたら、該当箇所をよく読んでおいてください。
 お持ちでない方は次のページから請求してください。無料です。

  国語学習マニュアル『国語力がぐんぐん伸びる!』(目からうろこの国語学習法)


 さて、主語のさがし方ですが、その前にまずは述語を見つける必要があります。

 この述語を探すのは簡単です。

 ほとんどが文の最後にあります。

 たとえば、

   「火口からふきあげるけむりが風に流される」

 という文があるとき、述語は最後にある「流される」です。

 
 このように述語がわかったら、次は主語ですが、主語の探し方は「誰が・何が」です。

 「主語は?」ときかれたら、すぐに「誰が、何が」を考えてください。

 とにかくこれを丸暗記してください。
 「誰が・何が」


 そして「主語は?」ときかれたら、すぐに「誰が、何が」を考えてください。

 述語が「安いよ」とあれば、「誰が・何が」を考えるのです。
 「何が安いのか」ですね。
 この「何が」が主語です。

 また、述語が「走る」とあるときも、「何が・誰が」を考えます。
 「誰が走るのか」、あるいは「何が走るのか」、この「誰が、何が」が主語です。

 とは言っても、「〜が、〜は」という文字を探すのではありませんよ。

 あくまでも、内容で考えてくださいね。
 「何が、誰が」です。

 ですから、たとえば、

    「強風にくわえ、雨さえ激しく降ってきた。」

 とある時、「降ってきた」の主語は何ですかと聞かれたら、
 「何が」を考えます。

 「何が降ってきた」のかを考えるのです。

 そうすると当然、「降ってきた」ものは「雨」ですから、
 主語は「雨さえ」となります。

 「風が降る」とは言いませんからね。


 そして、絶対にやってはいけないことは「〜を・〜に」です。

 この「〜を」と「〜に」は主語になりません。

 絶対にこれをとってはいけませんよ。これは主語になりませんからね。


 わかりましたか?


 では、少し練習してみましょう。

 問い 次の文の中からもっとも中心となる主語と述語を
    一組だけ書きぬきなさい。

 (1)月がうつくしい今夜は十五夜だ。

 (2)真っ赤でおいしそうなリンゴが枝もたわわになっている。

 (3)妹をつれて友だちも横断歩道を渡った。

 (4)けたたましいサイレンの音をたてながら消防自動車が前を通りすぎた。

 (5)ともされたろうそくの火が静かにゆらめく。





    《解答》

    主語     ー    述語
 (1) 今夜は        十五夜だ
 (2) リンゴが       なっている
 (3) 友だちも       渡った
 (4) 消防自動車が   通りすぎた
 (5) 火が         ゆらめく



 以上、何かわからないことがあれば質問メールくださいね。



★ 国語なんでも無料相談室


 《 国語に関することなら何でもご相談ください。》

 お問い合わせ電話番号 050-5809-5956 正午〜午後10時

 メール  kokugo1@everynet.jp


               HOMEに戻る  | 
特定商取引法に基づく記述


 
   

Copyright © Eze・International All rights reserved.