国語力アップ!偏差値35からの中学受験・高校受験 『要約文でぐんぐん伸ばす!』


お問い合わせ電話番号  050-5809-5956 正午〜午後10時

HOMEに戻る  | 【無料レポート】『驚異の要約文学習法』           
★ 国語学習法 その1

《 短文作り学習法 》  解説


 <問1>

 アでは「いきなりなぐられた」なんてごく短い例文だったら出来るでしょうが、
 それを少なくとも20字以上にまでしなければいけません。
 
 まぁ、多くの人は、「昨日、田中くんが佐藤くんに」なんて書き入れてむりやり字数を増やすで
 しょうけどね。

 もっとせこい考えでは、「田中くん」では字数が一文字たりなかったので「小田中くん」にしたり
 もっと極端な子は「ダルビッシュ投手は」なんて書いてこれだけで9文字稼いだりします。

 まぁルール違反ではありませんけどね。
 むしろ楽しみながらやるという点ではいいかもしれません。

 
 カの「かけがえのない」なんて言葉は意味が分からないかもしれませんが、それを調べ、国語辞典に
 例文があれば、それを参考にして短文をつくるのもいいですね。
 
 
 <問2>

 これはすべて「副詞の呼応」を求めた問題です。

 「副詞の呼応」は大切ですからこれはしっかりマスターしてくださいね。


   ア 必ずしも    イ たとえ   ウ はたして   エ まるで


 この4つの言葉があると、その次にどのような言葉をともなうかはわかりますか?

 なんていうより、先に例文を作った方が本当はわかりやすいのですが。
 
 なぜかというと、たいていの人は「副詞の呼応」なんていう文法用語をしらなくても
 ごく自然にこれをつかっているからです。

 
 アの「必ずしも」があると、その後に「ない」を伴います。

 イの「たとえ」では「・・・ても」、ウの「はたして」は「・・・だろうか」などを
 そして最後のエ「まるで」は「・・・ようだ」などを伴います。


 もちろん、最後の「ようだ」は「ように・・・」「ような・・・」と活用させてもかまいません。

 
 また、この問題では「副詞の呼応」で例文を作るように指示されていませんから、
 「はたして」は「思った通り」「案の定」という意味でつかってもいいでしょうね。
 
 たとえば、

     きっと優勝するだろうなと思っていたらはたして優勝した。

 などと。

 最後の「まるで」も「ぜんぜん、まったく」という意味でつかっても×には出来ません。

   空気のまるでない宇宙空間に人間が住めるようになったら・・・

 なんて。



 <問3>
 
 最後の問3は難しいでしょうね。

 「順番に使うこと」「一文で」という条件がきびしいですね。

 字数は、この3語を使うと自然と50〜80字にはなるでしょう。

 書く言葉の意味をしらないとできない問題ですが、それだけではなく、ちゃんと使うことができるかどうか、

 つまり、本当に自分のものにできているかを問う良問だと私は思います。

 「『活用』って何?」と言えるのは小学生だけですよ。

 中高生で知らない人がいたらすぐに連絡くださいね。


   ※問題にもどる

   ※語句問題
 
   ※副詞の呼応






★ 国語なんでも無料相談室


 《 国語に関することなら何でもご相談ください。》

 
お問い合わせ電話番号 050-5809-5956 正午〜午後10時

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
学年 ※
ご質問など ※
             プライバシーポリシー    特定商取引法に基づく記述
         HOMEに戻る  | 【無料レポート】『驚異の要約文学習法』

 
   

Copyright © Eze・International All rights reserved.