×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人気メルマガ 『国語の苦手な子のために ! 』

 《国語をあきらめない!》

  国語力は伸びないとあきらめていませんか?

 たしかに問題集をやってもほとんど効果がなかったという方は多いでしょう。

 あるいは塾に通っても、国語の成績は相変わらずだと考える方も多いでしょう。

 しかし、本気で取り組めばわずか3ヶ月で国語の成績をアップさせることができます!

 その伸び方はやはり小学生が一番顕著であり、中学生、高校生 と学年が上がれば

 それだけ伸び方も鈍化してしまうのは事実です。

 ですから、対処は早ければ早いほどいいということにはなるでしょう。

 しかし、その学習法がわからないのですよね。

 そんな方のために、国語学習法マニュアル『国語力がぐんぐん伸びる!中学・高校

 受験のための国語学習法』(A4136ページ。6800円)を発売し、

 通信講座『要約文でぐんぐん伸ばす!』もスタートしましたが、まだ不安に感じ、購入・

 実践を見合わせている方は、まずはこの無料メールマガジンの購読から始めてみては

 いかがでしょうか。

  人気メルマガ『国語の苦手な子のために』偏差値35からの中学・高校入試国語勉強法!

 中学・高校受験指導歴25年の知識と経験、そしてこれまで培ってきた様々な指導技術

 を分かりやすい形でより多くの受験生に伝授したい、この強い思いをライフワークとして 

  2003年4月に無料メルマガ「国語の苦手な子のために」の発行は始まりました。

 このメルマガは、中学・高校受験を控えた子供達が「国語の成績をもっと伸ばしたい」 と

 思った時に参考にしていただけるよう、できるだけわかりやすくポイントを絞って「国語

 勉強法」を教示するものです。

 国語の勉強といっても何をすればいいのかわからない、どのようにすればいいのかわか

  らないと思う子供達は大勢います。そのような子供達にとって「羅針盤」となるよう、また

 父母にとってもどのような指導が最も効率的なのかをご理解いただけるよう、具体例や

 実際の入試問題を取り上げながら、解説を施しています。

 「塾には行っているのだが、どうも国語の成績が・・・」とお思 いの方にとっては最適の

 メルマガになると自負しています。

 このメルマガが一人でも多くの受験生の学力向上に役立ち、 志望校合格への一助と

 なることを願ってやみません。

『国語の苦手な子のために』 (マガジンID:0000108576)

メールマガジン登録

メールアドレス:

メールマガジン解除

メールアドレス:

☆ 『国語の苦手な子のために !』バックナンバー!

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
   ■ 『国語の苦手な子のために』 第71号        06.06.06
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  こんにちは!
 「国語の苦手な子のために」第71号です。
  
※通信講座『要約文でぐんぐん伸ばす!』の現受講生は、お知らせがありますの
 で、「あとがき」最後をご覧ください。

■「もし、どうしても伸びない子がいるとしたらどのような子ですか?」

 すこし前ですが、このような質問をいただきました。
 それに対する私の回答は明快なものです。
 次のようにお答えしました。

■どうしても伸びない子。
 それは、メルマガにも以前書きましたが、

 1、自分でわからない、できないと決め込む子です。
 2、また、間違うことをおそれて前へ出ようとしない子です。
 
 それ以外でしたら、国語力は必ず向上します。

 上の1や2に該当する子は、どんなに塾に行ってもほとんど伸びがみられませ
 ん。
 越えなければならない大きな壁のこちら側にいつまでもいるからです。


■最近、東北大学川島隆太先生をはじめとして、「脳」に関する話題がブームに
 なっていますね。

 「脳を鍛える」「脳が若がえる」等々

 この「若がえる」は魔法の力をもつ言葉ですね。
 「若がえる」ことを否定する方は少ないでしょうから。

 それはともかく、私はかねがね「理数脳」というものをつくる方法はないもの
 かと漠然と考えていました。

 なぜなら、算数はいくら頑張って毎日学習しても、ゴールまで続く本当の学力
 の階段はその「理数脳」という大きな壁の向こう側にあるのではないかと感じ
 ていたからです。

 ですから、「理数脳」を既に獲得し、大きな壁の向こう側にいる子は、らくら
 くと、しかも着実に階段を上がっていくことができます。

 しかし、壁のこちら側にいてまやかしの階段を登る子は、数段登って、算数が
 できるような気になっても、それは所詮、偽階段。いずれ外されて、1からやり
 直しということになってしまいます。

■そんな中、「算数脳」という言葉を目にしました。

 『小3までに育てたい算数脳』(健康ジャーナル社)という本です。
 著者の高浜正伸氏は算数オリンピック解説委員も務める方だそうです。

 ただし、勘違いしないでくださいね。
 この本を推薦しているわけではありません。これは、たった今、アマゾンを検
 索して初めて目にしたものであり、私が読んだわけではありませんので。



◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
  ◆ 今日の1問!   小・中学生用
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

 国語学習マニュアル『国語力がぐんぐん伸びる!』に、氷山の話があります。

 氷山は水面上に、その姿の約7分の1しか見せておらず、残り7分の6は水面
下にあるということです。

 文章も、その比率こそ異なれ(←係り結びです)、同様に表面にあらわれてい
るのは一部分であり、私たちはそこにあらわれていない部分を推測し、読み取ら
ないといけないのです。

さて、今日はそんな話です。

行間が狭く、読みにくい場合は、下記URLで「解答・解説」のページをご覧くだ
さい。問題文も掲載されています。


 ある友人の話。
 しばらく前、仙台の町にいる時にたまたま暇ができたので、動物園に行った。
小雨のぱらつく日で、園内にはほとんどだれもいない。檻から檻へとぶらぶら
見ながら、オランウータンの前まで来た。中を見るとまだ幼さの残るオランウ
ータンが一匹、リンゴを手に持っておいしそうに食べている。友人はなんとい
っても暇だったし、それにオランウータンは好きな動物だから、檻の前に立っ
てずっとそれを見ていた。やがて、相手は彼に気がついて、ちらっとこちらを
見たが、そのままリンゴを食べ続けた。その様子がかわいいので、彼はなおも
見ていた。
 しばらくして、オランウータンはまた彼の方を見てちょっと困ったような顔
をした。手の中のリンゴを見、もう一度、檻の外の彼の顔を見た。


さて、問いです。

 問 終わりから2行目に「オランウータンはまた彼の方を見てちょっと困った
   ような顔をした」とありますが、「困ったような顔をした」のはなぜで
   すか?
   35字以内で説明しなさい。

解答・解説はこちらで
            http://kokugode.gozaru.jp/ichimon71.html



      
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
  ◆ 今週の語句  小・中学生用
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
 
 今日の問題は、前回の予告通り「色」の問題です。

 ここに取り上げた問題だけでなく、別ページにその他の問題も用意しています
ので、是非ご覧ください。

◎小・中学生用(平成4年 灘中学)

★次の( )の中に、色を表す漢字一字を入れて、熟語・慣用句を完成しなさい。 
  1、(  )一点
  2、白砂(  )松
    3、(  )字塔          
    4、(  )の黒髪
    5、(  )金時代        
    6、(  )を切る
    7、一面の(  )世界
    8、政界の(  )幕
    9、(  )恥をかく
   

解答は「編集後記」の最後にあります。

また、その他の「色」に関する慣用句の問題は、下記URLでご覧ください。
 基礎編      http://kokugode.gozaru.jp/to-color-1.html
 発展編      http://kokugode.gozaru.jp/to-color-2.html



                      
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 ◆ 編集後記                
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

■「いそがしかった〜!」
 この2〜3週間くらいの私の実感です。
 そのためこのメルマガも発行が遅れてしまいました。

 なにがそんなに忙しかったのかというと、学校の中間試験の作問と採点。
 ホント、これ大変なのです。

 学校に勤めて15年ほどになりますが、試験に関して大きなミスだけはせずに
 なんとかここまできました。もちろん、小さなミスは毎回のようにあります。

 今回もお約束通りやってしまいました!
 入念に作り上げたはずだったのに、98点満点だったのです!

 配点を変更できれば小さなミスで済んだのですが、気づいた時には既に生徒に
 返却しているクラスもあり、手遅れ。決して小さなミスとはいえなくなってしま
 いました。

 しかし、私の同僚でもっと大きなミスをした人がいます。
 なんと、問題用紙に解答が書かれたまま試験を開始してしまったのです。
 
 本メルマガ次号では、生徒にとっては、そんな愛すべきミスをしてくれた国語
 教師のブログ記事を紹介しますね。敬語に関する内容です。

■そんな多忙の中、タイ語のレッスンだけは続け、今は毎週3人のネイティブの
 指導を受けています。そんなことやっているから忙しくなるんですよね。

 「タイ語検定」でも受けてみようかなと思っています。

 検定と言えば、私の知人には英検一級を取得している人がいます。
 またTOEIC945点と920点の人もいます。
 前者は、塾の同僚で以前にもこのメルマガで紹介したことがありますが、後者
 は医師という変わり種(失礼!)。

 この変わり種医師、英語の勉強方法もちょっと変わっていますので、次回紹介
 しますね。

■通信講座『要約文でぐんぐん伸ばす!』

  今月は3月からの受講生の受講期間が終了するため、5〜8名ほど募集できそ
 うです。
 あまり募集すると、サポートが追いつかなる可能性がありますので、こっそり
 と募集します。
 
 講座に関する詳しいことは→   http://kokugode.gozaru.jp

 
※現受講生へ

 (1)着信後、48時間以内の返信をお約束していますが、なるべく24時間
    以内で返信するようにしています。24時間経っても返信されていない
    場合は、確認のためご連絡をいただければ助かります。

 (2)スカイプでの指導をご希望の方はご連絡ください。

 (3)まもなく3ヶ月の受講期間が終了する方で、継続をご希望の方がいらっ
    しゃいましたら、その旨ご連絡ください。
    受講者数には制限がありますが、現受講生を優先したいと考えています。
 
  よろしくお願いいたします。


■「今週の語句」解答
                                                     
◎小・中学生用(H6 灘中学)
  1、紅  2、青  3、金  4、緑  5、黄  
  6、白  7、銀  8、黒  9、赤
                          
======================================================================
 ★メールマガジン:「国語の苦手な子のために」  発行2003年3月〜
  ★URL    : http://kokugode.gozaru.jp/
 ★ご意見ご感想 : eze@u01.gate01.com
 ★登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000108576.htm
 ★発行 : エズ・インターナショナル代表   野田 眞吾
 ★発行システム : まぐまぐ http://www.mag2.com  ID:0000108576
 ★本メールマガジンは知り合いの方への転送大歓迎です!!
======================================================================

★ 国語なんでも無料相談室


 《 国語に関することなら何でもご相談ください。》

 お問い合わせ電話番号 050-5809-5956 正午〜午後10時

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
学年 ※
ご質問など ※
                   プライバシーポリシー   特定商取引法に基づく記述
 
 

  受講生一人ひとりに合わせた指導『『要約文でぐんぐん伸ばす!』 |   国語学習マニュアル『国語の力がぐんぐん伸びる!』

Copyright © Eze・International All rights reserved.