国語力アップ!偏差値35からの中学受験・高校受験 『要約文でぐんぐん伸ばす!』


お問い合わせ電話番号  050-5809-5956 正午〜午後10時
       
HOMEに戻る  | 無料レポート「驚異の要約文学習法」           
★ 文法(副詞の呼応)


《 副詞の呼応 》


 いきなりですが、質問です。


  問1 「もし」、「ぜんぜん」、「おそらく」、「なぜ」という言葉をつかって、
     それぞれ例文を作ってください。

     全部で4つの例文です。



 《解答例》

  「もし」  もし宝くじで2億円が当たったら何を買おうかなぁ。

  「ぜんぜん」  ぜんぜん痛くないよ。

  「おそらく」  おそらく彼が犯人だろう。

  「なぜ」  なぜそれを最初にいってくれなかったのか。


例文は何でもいいのですが、

 以上4つの例文では、次のことばはそれぞれどのような言葉を必ず伴うでしょうか?
 それぞれ指定された文字数で例文から抜き出してください。


 「もし」→2文字
 「全然」→2文字
 「おそらく」→3文字
 「なぜ」→1文字


 さぁ、これはできるでしょうか?


 どういうことかというと、たとえば「たとえ」という言葉をつかって次のような例文をつくったと
 します。

     たとえ地球が破滅(はめつ)してもオレだけは生き残るぞ!


 このとき、この「たとえ」は副詞です。

 そして、この言葉をつかうときはかならずその後に「・・・ても」ということばを伴うのです。

 このようにある言葉があると、その次に必ず決まった言葉を伴います。
 つまり二つのことばがセットとして使われるのです。

 これを「副詞の呼応」といいます。

さぁ、それでは、上記4つのことばはそれぞれどのような言葉を伴うでしょうか?

指定された文字数で答えてくださいね。




  <正解>

   
  「もし」・・・たら

  「ぜんぜん」・・・ない

  「おそらく」・・・だろう

  「なぜ」・・・か


字数が指定されていますので、このようになります。


 たとえば、最初の「もし」はこの言葉があると、次に必ず「・・・たら」というような言葉を伴います。
 もちろん、例文が変われば少し変わることもありますけどね。

 たとえば、

    もし君が行ってくれるならば、私は助かるよ。

 なんていう例文では「たら」がありませんから、この場合は「ならば」となります。
 「なら」だけの場合もあるでしょうね。
 「れば」の場合もあるでしょう。 


 2番目の「ぜんぜん」ということばがあると次にかならず「・・・ない」ということばがきます。

 「ぜんぜん元気だよ!」なんていう日本語はまちがいですからね。

 「まったく」も同じですね。
 「まったく元気がない」などと使います。


重要なのでくり返しますが、

 このように、ある言葉(副詞)があると、その後に決まった言葉が必ずきます
 これを「副詞の呼応」(ふくしのこおう)と言います。

 
 ここには4つの副詞をあげましたが、その他には「たぶん」「まるで」「たとえ」などがあります。

 これらの言葉があるとき、次にどのような言葉が決まって出てくるかを考えてみてくださいね。

 例文を作るのもいい方法ですよ。


   ※例文学習法

   ※語句問題





★ 国語なんでも無料相談室


 《 国語に関することなら何でもご相談ください。》

 お問い合わせ電話番号 050-5809-5956 正午〜午後10時

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
学年 ※
ご質問など ※
                 プライバシーポリシー   特定商取引法に基づく記述
          HOMEに戻る  | 【無料レポート】『驚異の要約文学習法』


 
   

Copyright © Eze・International All rights reserved.