国語力アップ!偏差値35からの中学受験・高校受験 『要約文でぐんぐん伸ばす!』


お問い合わせ電話番号  050-5809-5956 正午〜午後10時
       
HOMEに戻る  | 無料レポート「目からうろこの国語学習法」           
★ 古文なんかコワくない!  第6号 

 今日は短くいきます。

 これまで、古文入門として『北越雪譜』(鈴木牧之)や『百人一首一夕話』を
 すこし読んでみたらどうでしょうということで挙げました。

 高校3年生は現代文で『舞姫』を学習していると思いますが、これも古文入門としては
 適当な教材だと思います。

 出てくる語彙はかなり難しく注を参照しないとわからないことばかりですが、
 「石炭をばはや積み果てつ」という書き出しから古文入門としてはふさわしいものだと
 思います。

 私も現在高校3年生の現代文を担当していますが、生徒はこの作品を全く読めず、
 現代語訳を配布したり、語句プリントを作成したりと大変な思いをしています。


 同僚の教師は、「いずれこれも古典の教科書に入るでしょうね」なんて言っていました。
 「近代とは昭和以降だよなんていう時代がくるかもね」とも。


 森鴎外の作品は、古典入門としてだけではなく、現代文の教材としても優れています。
 『舞姫』は別としても、他の作品を、語句を確認しながら是非読んでみてください。

 今日の例文は、すべて森鴎外の『舞姫』から取り上げます。


◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
  ◆ 古文攻略のために(中・高)     
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

 さて、前回は、古文を読むときに、まずこれだけはできるようになってほしい、
 他のすべてを忘れてもいいからこれだけはできてほしいと私が思っているものとして、
 「已然形+ば」(エ段+ば)と「未然形+ば」(ア段+ば)の違いを取り上げました。


 今日は、同じくらい大切な「ん」を取り上げます。

 
 次の文を現代語訳してください。

  1、「日記書かん」(「日記ものせん」)
  2、「余は我が恥を表さん」
  3、「ここに及びし(ここに至ったこと)をいかにせん」
 

 今日はこの「ん」です。

 私たちは普段の会話でもこの「ん」を、「なみなみとあふれんばかりにお酒をついだ」
 などと使います。
 
 この「あふれん」を乱暴な言葉だと思ってか、「あふれないばかり」と言い換えているのを
 耳にすることがあります。(「夫婦げんかは犬も食わない」を「犬も食べない」とお上品に
 誤って使う人もいます。)

 この「ん」を打消だととらえているのでしょうが、これはもちろん推量・意志・婉曲の
 助動詞「む」ですね。

 ですから、「あふれんばかり」は「あふれないくらい」ではなく、「あふれそうなくらい」が
 正解です。

先ほどの1から3ですが、

 1、「日記書かん」は意志で、「日記を書こう」。

 2、「余は我が恥を表さん」は、「私は自分の恥を表そう」

 3、「ここに及びし(ここに至ったこと)をいかにせん」は「ここにいたったことをどうしよう」で、
   これは「どうしよう、どうしようもない」という意味の反語表現ですね。



 今回は、これにくらいにして、次回はこれらに関連してもう少し詳しく説明します。
 
 


   「古文なんかコワくない」その他の記事へ。



★ 国語なんでも無料相談室


 《 国語に関することなら何でもご相談ください。》

 お問い合わせ電話番号 050-5809-5956 正午〜午後10時

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
学年 ※
ご質問など ※
                         プライバシーポリシー
                HOMEに戻る  | 特定商取引法に基づく記述


 
   

Copyright © Eze・International All rights reserved.