国語力アップ!偏差値35からの中学受験・高校受験 『要約文でぐんぐん伸ばす!』


お問い合わせ電話番号  050-5809-5956 正午〜午後10時
       
HOMEに戻る  | 無料レポート「目からうろこの国語学習法」           
★ 古文なんかコワくない!  第2号 

◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
   ◆ 古文攻略のために(中・高)     
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

 前回は中高生が古文でまず最初につまずく点として3点挙げました。
 
 復習しておきましょう。

  (1)敬語(特に補助動詞)
  (2)疑問語 
  (3)指示語


 今日は、この中から(1)についてお話をさせていただきます。

 これはメルマガ「国語の苦手な子のために」第25、26号で取り上げた内容と重なる部分ですが、
 そちらをご覧になっていない方も多くいらっしゃることだと思いますので、再度取り上げることと
 します。


 (1)敬語 <わからない部分は飛ばせ!>

 次の文を口語訳しなさい。

  (源氏はその子夕霧を大学に入学させ)
   才ふかき師に預けきこえたまひて・・・。


  どうでしょう。難しいでしょうね。特に「きこえたまひて」が。

 これは難解な文章も数多い『源氏物語』の中の一節です。

 手元にあった問題集をぱらぱらとめくり、ふと目に止まった部分を取り上げてみました。

 高校生だったら「才」(ざえ)は常識古文単語として是非知っておいて欲しいですね。
 「学問、漢学の教養」のことです。
 

 では、中学生ではどうでしょうか。

 これを、「才」という漢字から判断して、「才能」などと連想できればもう最高です。

 「才能」とくれば次は「才能(ふかき)師に預け」
 これは「才能(豊かな)師」などという語が文脈から想像できますね。

 
 問題はこの後です。

 古文を苦手とする生徒は、次の「『きこえたまひて』がわかりません。」と言います。

 わからないのであれば、飛ばしましょう。考え込む必要はありません。無視しましょう。

 古文の苦手な生徒は往々にして、どうでもいいような言葉、本当に些末な言葉に
 ひっかかかってしまって、全体までをも自分でわからないものにしてしまう傾向にあります。

 上の例文では「きこえたまひて」がわからなければ、そこを飛ばして、
 「才能豊かな師に預け(・・・て)」と(・・・)の部分を飛ばして読んでみると意味が通じるでしょ。
 それで十分なのです。

 同様のことは、接頭語などにも多く見られます。

 たとえば、「琴をかき鳴らし」とあれば「『かき』って何ですか?」「『かき』がわかりません」と
 いう言葉をよく耳にします。

 わからなければ、飛ばしましょう。
 「琴を・・・鳴らし」であれば誰でもわかるでしょう。
 
 「本をこわきに抱え」の「こ」がわからないからといって、全体までをも、わからないものに
 してしまう必要はありません。

 このように、わからなかったらそこは「飛ばす」「無視する」という態度で構いません。
 
 まずは大意だけをつかむようにしましょう。


◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
  ◆ 高校生のための古典文法−設問(解答は最後に)(高)     
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
 
 次の問題はあくまでも高校生用ですよ。

 中学生はできなくていいですからね。


<例文>
 
  才ふかき師に預けきこえたまひてぞ、学問せさせたてまつりたまひける。


 今日はこの中から、本編でも取り上げた敬語「きこえたまひて」についての出題です。

 問1 敬語の3種類を挙げなさい。

 問2 (1)「きこえたまひて」を単語に分け、敬語の種類をそれぞれ答えなさい。
    (2) 活用語はその「活用の種類」と「活用形」を答えなさい。

 問3 現代語訳しなさい。 



◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
  ◆ 今日の古文単語&例文(中・高)     
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

 *例文は必ず何度も音読し(できれば25回)、体の中にしみ込ませてください。
 *単語は本当に大切なものだけを取り上げます。確実に覚えてください。

<古文単語>

 *「才」(名)・・・(1)学問、漢学の教養。(2)芸能。

 *「きこゆ(聞こゆ)」(動-ヤ行下二段)
           
      <本動詞>(1)聞こえる。
                 (2)「言ふ」の謙譲語(申し上げる)。
   
       <補助動詞>(3)〜もうしあげる。  


<例文>

   才ふかき師に預けきこえたまひてぞ、学問せさせたてまつりたまひける。


<口語訳>

  漢学の教養豊かな師匠に預けもうしあげなさって、学問をさせなさった。



◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
  ◆ 高校生のための古典文法−解答(高)     
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇
 
 問1 尊敬語・謙譲語・丁寧語(覚えていない人は今すぐ覚えよう!)

 問2 (1)   きこえ    / たまひ    / て
           ↑         ↑
        謙譲語      尊敬語

 (2) 「きこえ」=ヤ行下二段・連用形
    「たまひ」= ハ行四段・ 連用形


  問3 「◆ 今日の古文単語&例文」参照。     



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
   ◆ 編集後記・・・ご感想をお送りください!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 前回、第1号でとりあげた例文は『無名草子』からのものでしたが、あの部分が、
 今年の青山学院高校の入試問題にそっくり出題されていました。
 
 大学入試では過去に読んだことのある文章が出題されることは稀ですが、
 高校入試ではこのようにかなりの確率で読んだことのある問題が出題されます。

 今後、このメルマガでもそのような出題されやすい文章は随時取り上げていくことと
 します。ご期待ください。



  ※「古文なんかコワくない」その他の記事へ。



★ 国語なんでも無料相談室


 《 国語に関することなら何でもご相談ください。》

 お問い合わせ電話番号 050-5809-5956 正午〜午後10時

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
学年 ※
ご質問など ※
                         プライバシーポリシー
                HOMEに戻る  | 特定商取引法に基づく記述


 
   

Copyright © Eze・International All rights reserved.