国語力をぐんぐん伸ばす!偏差値35からの中学受験・高校受験・大学受験 『要約文学習法で成績アップ!』

 メ ー ル マ ガ ジン

国語の苦手な子の
ために


中学高校受験対象の
メールマガジン!

まずはお気軽に
無料登録を!

詳細はコチラ
メールアドレス:
   無料レポート
究極の国語学習法
要約文で
 ぐんぐん伸ばす!
 


   
国語力UPの近道

要約文でぐんぐん
伸ばそう!

入会金
6000円

0円



15,000円

詳細はコチラ

お問い合わせ



39,000円

詳細はコチラ

お問い合わせ


☆ 国語『過去問解説講座』

***************************************************************************

 ★小学6年生『過去問解説講座』解説例(3)

***************************************************************************

<解説例3>


四谷大塚第一回合不合判定模試の答案を見ての感想です。

 
 模試の答案を拝見しました。

 一言で感想を言うなら「危うい」、こんな感じです。

 どういうことかというと、
 記号問題で○になっているものがいくつもありますが、
 この問題が本当に理解してできているのだったら
 これもあれもできるはずだというところで間違えているのです。

 逆にいうと、ここで間違えるということは
 さっき正解していた問題も本当は分かっていなかったのか、
 という疑念がわくのです。

 ですから記号問題や抜き出し問題で、「これはよくできたなぁ!」と
 関心するようなところもあるのですが、それが本当に理解した上で
 正答しているのかどうなのかが「危うい」のです。

 もし、歯車がちょっとずれてしまって、
 これが連続して×になるとと思うとぞっとしますが、
 ○○さんは以前からそんなところがありましたよね。

 こちらから見ていると綱渡りをしているようで
 ハラハラしますが、いつもそんななかで上手に渡っています。

 私は心配性ですから、上に書いたように、
 「歯車がちょっとずれてしまって、これが連続して×になると・・・」
 なんて悪い方にばかり考えてしまいますが、
 逆にいうと、これが分かっているのだったらこっちもあっちもと
 好循環になって、一気に壁を突き破るという可能性だって
 あるわけですよね。

 そんな考え方をすると「危うい」も、「可能性が眠っている」というような
 言い方だってできるのかもしれません。

 だけど、記述問題の空欄はいけません。
 これは絶対に何か書かないと。
 絶対に空欄にしないという強い意志が必要ですよ。
 特に記述問題は配点の高い学校が多いので、ここで0点になると
 あとの挽回が大変です。

 記述問題は完ぺきな答案なんて書けなくていいのですよ。
 7割8割とれれば十分です。
 5割でもいいですよ。

 そうすれば入試では勝負になります。
 だけど何も書かずに0点にしていまうと、他の受験生から
 大きく水をあけられてしまいます。
 挽回できなくなってしまいますよ。
 算数で100点満点なのに120点とる、
 なんてことが必要になってきます。
 あり得ないでしょ?


 さて、次に各設問を順に見ていきますと、



 問3はできないといけない問題です。
 解説は控えますね。

 問4〜問6はよくできたなあと思います。 
 
 問9もできればできてほしい問題ですが、
 入試ではそんなにあれもこれもすべて正解にすることなんて
 できないでしょうから、まぁ、問7や問9を間違えたくらいは
 目をつぶりましょう。

 だけど、1番の文章では
 少なくても問3を落とさない、問8でなんとか何かを書いて少しでも得点する、
 この二つが必要でした。


 次に2番。

 まず問1は絶対にできないといけない問題です。

 接続詞や副詞の意味用法は理解できているでしょうか。
 たとえば「すなわち」はどんなときにつかうか、
 「また」はどんなときにつかうかなどが。

 これが理解できていなかったらこれは早急に埋めないといけない
 穴ですね。
 それが理解できているのに、この問1で間違えているのだったら
 本文の理解ができていないということになりますが、
 どうやら問2の答案をみると、後者の可能性が高いですね。
 問2は全然本文が読みとれていない感じがします。

 問3の1はできないといけない問題です。

 問4の1はおそらくカンで選んだのではないかと思います、
 これは目をつぶってもいいでしょう。
 できてはほしいのですが。

 問4の2はよくできましたね。

 問5は書かないと話になりません。

 問6はおしいですね。
 ここまで分かっているのだったら正解してほしい問題ですが、
 まぁ仕方ないですかね。

 こうして見ると、2番では、
 問1と問3の1,それから問5、
 ここでしっかり得点してほしかったですね。


 やはり物語文はいいけど、論理的文章に弱いのかなという
 印象を受けました。

 特に2番の問1でことごとく間違えていますが、
 論理的文章を論理的に読み解く練習が必要なようですね。


 私の感想は以上です。

 何か疑問点がありましたら、お気軽にお問い合せください。

よろしくお願いいたします。


   過去問対策講座 (1)・ (2)・・(4)・(5)


*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

     ◆ 完全個別対応通信講座『要約文でぐんぐん伸ばす!』

     ただいま、「無料8日間お試しコース」実施中!

             


     お問い合わせは電話でも受け付けています。

             電話番号 
050-5809-5956  
                       
受付時間 正午〜午後4時

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 「無料8日間お試しコース」実施中!

 国語学習なら通信講座『要約文でぐんぐん伸ばす!』にお任せください!

                     

 

  「先生にお願いすれば国語の苦手な子もなんとかなると聞いたんですが・・・」

  「まぁ、そりゃ、頼まれればいやとは言えない人間ですからなんとかしますが、ただし、           
  条件がありますよ。」

  「なんですか?その条件って?」

  「それは
本人にやる気があることです。本人にその気がなければ、どうしようも

  ありませんからね」

  「本人にやる気があったら、なんとかしてもらえますか?」

  「そりゃ、喜んでなんとかしますよ!」



国語学習なら通信講座『要約文でぐんぐん伸ばす!』にお任せください!

                  

  

    お問い合わせはメール、またはお電話で。
      
       電話番号
 
050-5809-5956  
                       
受付時間正午〜午後4時