国語力をぐんぐん伸ばす!偏差値35からの中学受験・高校受験・大学受験 『要約文学習法で成績アップ!』

 メ ー ル マ ガ ジン

国語の苦手な子の
ために


中学高校受験対象の
メールマガジン!

まずはお気軽に
無料登録を!

詳細はコチラ
メールアドレス:
   無料レポート
究極の国語学習法
要約文で
 ぐんぐん伸ばす!
 


   
国語力UPの近道

要約文でぐんぐん
伸ばそう!

入会金
6000円

0円



15,000円

詳細はコチラ

お問い合わせ



39,000円

詳細はコチラ

お問い合わせ


☆ 国語『過去問解説講座』

***************************************************************************

 ★小学6年生『過去問解説講座』解説例(1)

***************************************************************************

<解説例>

■つぎの解説は「麻布中学」志願者に対する二回目の解説です。


H19麻布中学

■このようなメールに関してはついつい欠点ばかりを書いてしまいがちになりますので、
 その点はご了承ください。


 まず今回の答案を見て感じたのは、

 「読解力」「表現力」ともに、一般的な6年生の中では、もちろん優れているとは思いま
 すが、日本でも有数の学校を受験するレベルを基準とすると、やはりやや劣るのでは
 ないかということです。

 希望的観測でいうなら、男子ですからそれほどまでに完璧を求めなくてもいいのでは
 ないかと思うこともあるのですが。

 女子だったら国語は文字通り「抜群」でないと通用しませんからね。


 さて、前回は同じ紙を見ても裏から見たり、違う角度から見たりしていると書きましたが、
 今回もやはり同様です。

 言葉を変えるならば、背中が痒いときに背中をちゃんと掻いているのです。 
 背中が痒いのに、足を掻いたり、お腹を掻いたりはしていません。

 が、背中が痒いけど手がとどかないから誰かに掻いてもらおうとするときに
 一番痒いところをなかなか掻いてくれずに、そのまわりばかり掻いて、「はい、おしまい」
 としているのです。

 掻くところは間違えていません。
 しかし、一番かゆいところを掻かずに終わってしまっているのです。

 回答の一番肝心なところにとどきそうでとどかないまま終わっているのです。

 そんな印象をうけました。


 さて、具体的に見ていきますね。

 まずこの文章の中心は最後のおじいさんの言葉
「おめえはやさしさが足んねぇ」です。

 ここさえしっかり読みとれていれば最後の3問はできます。

 ところがこれが読みとれていないために最後の3問は×になってしまっているのです。


 これが最初に書いた「読解力」の不足です。

 たとえば問十三、これは空欄になっていますが、「人々の心にやさしさや思いやりと
 いうものがあった時代」という内容をかけばいいのです。


 問十も、問十一も同じです。

 問十 どうしておじいちゃんのとった「花電車の写真」はすばらしかったのかというと
 「やさしさ」がこもっていたからです。

    
 問十一 父の写真はどうして認められたのかというと、父も「やさしさのこもった写真を
 撮れるようになったから」です。


 もう一度くり返しますが、以上3問は最後のおじいさんの言葉
 「おめえはやさしさが足んねぇ」が中心になると読解できていればかならず得点できる
 問題です。


 では、最初にもどって、

 問二 共通する点はふたつとも時代の流れのなかで、姿を消そうとしている点です。
    「厄介な存在」は都電だけですから×です。(0点)


 問三 これは表現の問題で減点ですね。(2点)
    
    花電車は都電がこれで終わりであるということをあらわしているのですから、
    それを書くべきなのですが、○○くんの答案ではそれが伝わってきません。
                                           

 問四 (親孝行)答案にある「ぼくが父のために取り直した」は意味がわかりません。
           ここで書くべきは、「父が困っているときに助け船をだしてあげた」と
           いうことです。
   
     (親不孝) これは◎です。
     

 問五 答えは「絶対に外出してほしかったから」です。
    この一番肝心なことが書かれていないのです。


 問六 僕の気持ちは「おじいちゃん、ごめんなさい」です。
    
    このように一番肝心なことをずばりおさえることが先決です。

    おじいちゃんに自分は悪いことをしていると後ろめたい気持ちでいるのです。


 問八 これも半分くらいは得点できる問題ですね。
 
    父は、何も都電が猛スピードでやってくるような撮影のむずかしい場所で撮影
    しなくてもいいだろうとおもっています。 
    そんなことをするとまた失敗するにちがいないからです。

    それに対して、祖父はこの場所こそが最後の都電の姿を撮影するにふさわしい
    と考えていて譲るつもりはありません。

    完璧な答案は書けなくてもこれくらいのことだったら書けるのではないでしょうか?


 問九 これは◎です。


 以上です。

 何かわからない点がありましたらお気軽に質問してくださいね。


   過去問対策講座 (2)(3)・(4)・(5)


*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

     ◆ 完全個別対応通信講座『要約文でぐんぐん伸ばす!』

     ただいま、「無料8日間お試しコース」実施中!

             


     お問い合わせは電話でも受け付けています。

             電話番号 
050-5809-5956  
                       
受付時間 正午〜午後4時

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 「無料8日間お試しコース」実施中!

 国語学習なら通信講座『要約文でぐんぐん伸ばす!』にお任せください!

                     

 

  「先生にお願いすれば国語の苦手な子もなんとかなると聞いたんですが・・・」

  「まぁ、そりゃ、頼まれればいやとは言えない人間ですからなんとかしますが、ただし、           
  条件がありますよ。」

  「なんですか?その条件って?」

  「それは
本人にやる気があることです。本人にその気がなければ、どうしようも

  ありませんからね」

  「本人にやる気があったら、なんとかしてもらえますか?」

  「そりゃ、喜んでなんとかしますよ!」



国語学習なら通信講座『要約文でぐんぐん伸ばす!』にお任せください!

                  

  

    お問い合わせはメール、またはお電話で。
      
       電話番号
 
050-5809-5956  
                       
受付時間正午〜午後4時