国語力アップ!偏差値35からの中学受験・高校受験 『要約文でぐんぐん伸ばす!』


お問い合わせ電話番号  050-5809-5956 正午〜午後10時
       
HOMEに戻る  | 無料レポート「目からうろこの国語学習法」           
★ 「いい○○○」という表現


《 「いい○○○」という言葉の使い分け 》   


  
 ●次の文章の意味が通るように(   )に入る最も適当な言葉を下の選択肢から選んで
  書き入れてください。


  (1) 「二度とけんかをしてはいけません」と母は子どもに(        )た。

  (2) 先生の前に出ると緊張(きんちょう)して考えてきた言葉をつい(        )。

  (3) 返事に困り果てて、でたらめを言ってその場を(        )ようとした。

  (4) 健ちゃんは「絶対ウソは言っていない」と(        )た。

  (5) 自分の失敗をあれこれと(        )彼はひきょうだ。       

  (6) けんかに負けてくやしくてよけいな悪口までつい(        )た。

  (7) 「明日までに必ずこの宿題をしておきなさい」と先生は生徒に(         ) 。

  (8) 来年もまた必ず会おうと(        )た。

  (9) 彼はみんなに対して無理矢理に白を黒と(        )ようとした。

 (10) 彼はきびしいことを質問されて言葉につまり、(        )だ。

 (11)  ことさらに他人の欠点を(        )ようなことはやめなさい。

 (12) 自分は大スターにふさわしい人間だと平然と(         )た。


                

  いいしぶる   いいくるめる  いいそびれる  いいこめる  いいはる  

  いいふくめる いいよどむ  いいつける  いいたてる  いいわたす

  いいすぎる  いいかわす  いいはなつ  いいぬける  いいつくろう
        



   
  さぁ、できたでしょうか?

  (もし問題や解答にミスがあればご連絡いただけると助かります)

 

   解答はこちら



   その他の語句問題はコチラ。

 


★ 国語なんでも無料相談室


 《 国語に関することなら何でもご相談ください。》

 お問い合わせ電話番号 050-5809-5956
正午〜午後10時

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※
学年 ※
ご質問など ※
                         プライバシーポリシー
                HOMEに戻る  | 特定商取引法に基づく記述


 
   

Copyright © Eze・International All rights reserved.