国語力アップ!偏差値35からの中学受験・高校受験 『要約文でぐんぐん伸ばす!』


お問い合わせ電話番号  050-5809-5956 正午〜午後10時
         
HOMEに戻る  | 無料レポート「目からうろこの国語学習法」           
大人でもついつい間違ってしまう言葉づかい(その3)

《 年賀状は郵便局では買えません 》

 「年賀状は郵便局で買えない」って知ってました?


 郵便局で売りだすのは「年賀はがき」であって、「年賀状」ではないのです。
 
 「状」には「知らせる」「手紙」という意味がありますので、郵便局で売り出している段階ではまだ「年賀状」
 ではないのです。

 「年賀状書いた?」や「年賀状出した?」、あるいは「年賀状が届いた」だったらどれも「手紙書いた?」
 「手紙出した?」「手紙が届いた」と言えるのでOKですね。

 だけど郵便局で「手紙ください」というのは変ですからね。


 さて、このような大人でも間違いやすい問題を集めてみました。

 今回はその3です。

 
 ◆次の文中に不適当な表現があれば、どのように改めるべきかを示しなさい。
  不適当な部分がない場合は「なし」と答えなさい。

  (1)でる釘は打たれるというから、あまり目立たない方がいいよ。

  (2)一日中働きずくめで食事をする時間もなかった。

  (3)まったくとりつくひまがなかった。

  (4)身をこなにして働いた。

  (5)道草を食べてちゃだめだよ。

  (6)けがをするなんてさい先が悪いなぁ。

  (7)この人ったら、家では縦のものを横にもしないんですよ。

  (8)私があなたをきらっているなんてとんでもございません。

  (9)断固としてそんなことはありません。

  (10)情けは人のためならずさ。助けてやると彼はますます怠けるようになるよ。



以上です。

さぁ、どうでしょう?

どこがちがっていたか、わかりますか?

模範解答は次のページでご覧ください。

   語句問題(3)  模範解答例


★ 国語なんでも無料相談室


 《 国語に関することなら何でもご相談ください。》

 お問い合わせ電話番号 050-5809-5956 正午〜午後10時

 メール  kokugo1@everynet.jp


                  HOMEに戻る  | 
特定商取引法に基づく記述


 
   

Copyright © Eze・International All rights reserved.